スケート部OBが地元スケートイベントに参加

2014年12月5日 PDF版はこちら

 

11月22日、長野県岡谷市の屋外スケートリンク「やまびこ国際スケートセンター」で開業20周年の記念式典とスケート教室イベントが開催され、当社スケート部OBの上條有司社員が講師として参加しました。

当社スケート部所属選手として2014年2月のソチ冬季オリンピック・スピードスケート男子500メートル競技に出場した上條社員は、まず記念式典で模範滑走を披露、続いて行われたスケート教室で講師を務めました。

スケート教室は初心者向けと選手向けの2種類が実施され、初心者向けの教室では、主に小学生や幼児及び保護者の方を対象に、転倒時に頭を守る転び方や、足をハの字にして前進する滑り方を教えました。続いて行われた選手向けの教室では、小・中学生に向けてスタートの構え方やダッシュの極意などを指導しました。

「多くの方がスケートを楽しんでおられるけれども、スケートの楽しさを伝えてもっとスケート人口のすそ野を広げていきたい。そのためにこれからも自分で出来ることで力になりたいと思います。」と話す上條社員。

当社は、世界トップレベルのスピードスケート選手を輩出し皆様に大きな喜びと感動をお届けするよう努め、また将来のメダリストの育成を行う活動も続けていきたいと考えています。

 

 

スケート教室の様子   スケート教室の様子
▲スケート教室の様子    

 

 

以上

<本件についてのお問い合わせ先>

日本電産サンキョー株式会社 総務部

電話:0266-27-3111